こんにちは!
毎日どこかであなたとともに
カフェ会企画・運営のぷちトモです(*^_^*)

hobby

カフェ会で盛り上がる話題の多くが
やはり「趣味」の話!

・スポーツが好きな方
・お料理が好きな方
・お風呂が好きな方(スパとか)
・ドライブが好きな方

本当にいろいろいらっしゃいます^^

ぜひあなたもカフェ会に参加して、
共通の趣味を楽しめる仲間を作ったり
新たな趣味の楽しみを見つけてはいかがでしょうか?

ちなみに私自身の趣味は映画観賞です!

映画館に行くのももちろん好きですが、
最近休日はよく自宅のソファでくつろぎながら
映画をみてゆっくり過ごしています♪

多い時は、1日に3作品観ることもありますが、
少なくとも週に1作品は観賞するようにしています。

単純にその映画の世界に入り込んで
非日常にひたることで
いろんなことをリセットするような意味もあるかもしれません。

そんな感じで、これまでに数多くの映画を観てきました。

今回は、そんな私が見てきた数多くの映画の中から
オススメの映画をひとつ、紹介させていただきますね\(^o^)/

本日オススメの映画は

『素晴らしき哉、人生!』
(1964年公開、監督:フランク・キャプラ)

※2017年公開の映画で
『素晴らしきかな、人生』というタイトルの映画がありますが、
全く別の作品です。
2017年のものはまだ観れていません(;o;)

1964年公開のこの映画は、

・純粋に感動したい人
・今の人生に嫌気がさしている人
・自分は孤独だと感じている人
・白黒映画に抵抗がない人
・名作を見たい人

にオススメの映画です!

**あらすじ**
主人公のジョージという男は、いつも何処かでツキに見放され、
逆境にばかり立ち向かう運命にあった。
自分のミスではなく大金を失った彼は、全てに絶望して自殺を図る。
ところが、12月の冷たい河に飛び降りようとしたとき、
彼より先に一人の男が身を投げて救けてくれと叫んだ。
あわてて救けたジョージに、男は、自分は見習い天使だと告げるが……。
(allcinemaより引用)

このブログをみているあなたも一度は

「もし自分が存在しなかったら、この世界はどんな世界になっていたのか」

そんな風に思ったことがあるのではないでしょうか?

この映画は、その一言から始まる
奇跡と感動の物語となっています(^^)

私がこの映画をみて感じる事は

「人は一人では、生きていない」

ということです。

私やあなたも誰かの存在に助けられていて
逆に私やあなた自身も、意図せぬところで誰かを助けている!

関係がない存在だと思っていても
お互いに関係しあっている存在なんだ!

と、この映画をみて感じました。

まだ見ぬ、あなたも
私にとってかけがえのない存在なのです(^^)

言葉にすると当たり前のようですが、
忙しい毎日の中で
周りへの感謝の気持ちを
忘れてしまいがちではありませんか?

最後に映画中の台詞をひとつ

「友ある者は、敗残者ではない。」

この台詞が映画のどの場面で出てくるのかは
あなたの目でみて欲しいのですが、

友と呼べる存在がいること
それだけで
どんなに困難な状況でも、乗り越えられる。

そんな勇気や自信をもらえる一言だと感じます。

おすすめの映画情報の共有
一緒に映画鑑賞をする友達作りには
ぜひカフェ会を使ってください♪

お会いできるのを楽しみにお待ちしております^^

It’s a Wonderful life!